株式会社 楽器音響札幌

NTi Audio NTi Audioの品質管理体制

600600p1493ednmain278m4260-im-messraum-2

NTi Audioは、高品質な音響、オーディオ、振動測定器の開発、製造に取り組んでいます。全てのサウンドレベルメータは出荷前に厳密な品質検査が実施され、仕様に定められた精度が保障されています。特に測定用マイクロホンについては、専用の音響測定室にて広範囲な試験が実施されます。

NTi Audio製品に印された「スイス製」は高品質の証しといえます。言い換えれば、徹底した品質管理がなされていることを表します。NTi Audioは産業界へ寄与すること、お客様を満足させることに注力した製品供給を続けています。製造部門責任者であるMarkus Frickは次のように述べています。「高品質を保証するため、全ての測定器は自社工場で組み立てられます。製造工程においては、熟練した製造スタッフによるモジュール検査、および最終検査が実施されます。最終製品はIEC17025規格に準拠して校正されます。」

音響測定室における測定用マイクロホン試験
音響信号でマイクロホンを試験することにより、マイクロホンで最も重要な感度と自由音場における正確な周波数レスポンス測定が可能になります。そのため我々は工場内に設置された無響室でこれらの測定を実施しています。音響的に測定される全ての機器の周波数レスポンスは、サウンドレベルメータにおけるIEC61672規格で規定されるトレランスバンドより厳格に設定されています。

優れた音響測定の再現性
Maruks Frickは、「無響室の使用により、繰り返し性と再現性の高い音響測定が可能になります。我々はここで製造された全てのマイクロホンの試験を実施しています。」と説明しています。テストシステムはFX100オーディオアナライザとマイクロホンテストウエアRTMicFxが使用されています。自由音場における周波数レスポンスが20 Hz ~20 kHz 、500ポイントの解像度で記録されます。これらの測定値は全ての機種において、お客様のご要望により無償で提供されます。

ローノイズ測定を可能とする試験環境
さらに独立した品質検査として、全てのマイクロホンについて音響的なノイズフロアが測定されます。Class1の全てを保証する測定用マイクロホンの固有ノイズは16dBA Typです。比較するものとして、人間の静かな呼吸は約25dBAです。このような低いノイズレベルの測定は、完璧に設計された音響測定室と外部からの騒音や振動を遮断することにより可能になります。

Tagged on: