NTi AudioとCasper社によるスイス軍飛行場に設置される航空機騒音測定装置と飛行経路管理システムへの入札プロジェクト

NTi Audio AG (NTi)とCasper BV (Casper)は、スイス軍飛行場の航空機騒音と飛行経路監視システムの入札に共同で参加しました。我々は実績のあるいくつかの企業との競合の末、このプロジェクトを落札しました。

当プロジェクトは、連邦国防・市民防衛・スポーツ省(DDPS)内で調達・技術・不動産を担当するスイス国立コンピテンスセンター(armasuisse)が入札を行いました。

既存の航空機騒音監視装置は、航空騒音とレーダーデータをリアルタイムで表示して集計することができる最新のローカルクラウドソリューションに置き換えられます。航空機騒音測定に選ばれた各飛行場には、約10台の監視装置がそれぞれ周辺の重要な位置に設置されます。接続された騒音・気象監視装置は、継続して観測データを収集し、Casper Noiseソフトウェアでそれらのデータが分析されます。設置後15年間のライセンス、サポート、メンテナンス契約が締結されています。

当プロジェクトについて

航空機騒音管理装置(ANMS)の入札は、21年3月初旬に開始し5月初旬に締め切られました。当プロジェクトでは、1986年12月15日に制定されたスイス騒音規制法(NOA)に準拠して過去のシステムをすべてシームレスに置き換え、航空管制レーダーデータと騒音データを記載したレポートを作成することが求められました。

ANMS入札プロジェクトでは、スイスにある5箇所の軍用飛行場周辺の重要な位置にそれぞれ10台の航空機騒音測定装置(NMT – Noise Monitoring Terminals)が設置されます。航空機騒音測定装置(NMT)には、それぞれMETASの型式認証を取得したXL2サウンドレベルメータとセルフテスト機能を備えた屋外用マイクロホン、騒音測定装置内すべての機器を管理するマイクロコントローラ、電源、安全にデータを転送するための4G/LTEモデムが搭載されています。

測定データは、天候やその他の関連情報を追加してANMSサーバーへ確実に転送されます。Casper Noiseソフトウェアは、レーダーデータを統合することにより、騒音が発生している時間と飛行航跡を関連付けてデータを集約し、簡単に可視化、分析、レポート作成が可能です。

Casper Noiseソフトウェアについて

Casper 社は、飛行コース下でのリアルタイムの航空機騒音監視、および騒音分析ツールの開発を専門とする革新的な IT 企業です。同社は、航空機騒音および飛行経路監視装置を世界中の空港に提供しています。それらの装置は、高度で複雑な分析が可能なツールにも関わらず、非常にユーザーフレンドリーで直感的に操作でき、重要な情報を簡単に取得できます。

Casperの騒音測定ソリューションは、お客様の状況に合わせた柔軟な設定と直感的なインターフェースにより、あらゆる空港のニーズに適合し、最適な方法でユーザーをサポートします。

さまざまなデータ(レーダー/FAA SWIM/ADS-B、フライトプラン、騒音など)を組み合わせて、便利でわかりやすい情報に置き換えることができるのは、Casper Noiseソフトウェアの強みのひとつです。

航空機騒音測定装置 (NMT)について

移動式または常設の監視装置は、XL2サウンドレベルメータと専用の屋外ウェザープロテクション付きのM2340測定用マイクロホンで構成されます。M2340にはセルフテスト回路が搭載されており、校正が実施された後に測定精度を継続して管理できます。

各航空機騒音測定装置(NMT)に搭載されたマイクロコントローラは、すべての機器を管理し、SOH情報を収集して効率的に測定データフローをコントロールします。また、4G/LTEゲートウェイは、すべての必要なデータをクラウドに転送します。

そして、データは後処理やレポート作成のため、直ちに安全なデータチャネルを介して所有者であるarmasuisseサーバーに送られます。このシステムは、何層にもわたって冗長化されているので、停電や無線接続の障害が発生してもデータが失われることはありません。

armasuisseスタッフへのトレーニングとサポート

今回の入札ではarmasuisseが航空機騒音測定装置(NMT)の一次、二次サポートをすべて実施し、さらに装置のメンテナンスも要求されました。そのため我々は、armasuisseのスタッフをトレーニングし、必要なレポート作成ツールとメンテナンスツールを提供します。

Casper社のメンテナンスアプリケーションは、メンテナンススタッフが携帯電話から直接航空機騒音測定装置(NMT)の各機器をリモートでテストでき、このプロジェクトを大いにサポートします。

当プロジェクトにおける卓越した連携

今回のプロジェクトは、Casper社とNTi Audioの初の共同プロジェクトです。初めてでありながらも落札に成功したことは、今回のような共同プロジェクトを拡大すべきだという明確なシグナルです。Casper社が持つ優れたデータ分析、多くの空港への同システムの納入実績、軍事組織で必要とされる知識が大きく貢献しました。

NTi Audio AGのCEO Philipp Schwizerは、「我々は、Casper社がチームにもたらしたプロジェクトの経験と専門技術に感銘を受けました」さらに、「Casper社は、非常に優れた操作しやすいツールを提供しており、ユーザーは最小限の労力で必要なデータやレポートを取得することができるでしょう」と述べています。

NTi Audioは、騒音監視システムで使用する騒音測定機器を提供しています。Casper社のCTO Raymond Michiels氏は、「NTi AudioのXL2アナライザーは、非常にスマートに設計されたリモート・コントロール・インターフェースを装備しており、我々のシステムへの統合が非常に簡単でした。また、NTi Audioのサウンドレベルメータの品質と使いやすさが強く印象に残りました」と述べています。

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日