NTi Audio 測定用マイクロホンの選定ポイント

測定用マイクロホンの選定でお悩みではありませんか?

「マイクロホンの違いは何ですか?」「測定用マイクロホンはどれがいいでしょうか?」というご質問を多数頂いております。そこで今回は選び方のポイントをお伝えいたします。

NTi Audioアナライザとペアとなる測定用マイクロホンを選ぶ際、考慮すべきスペックが二つあります。

  • 周波数レスポンス
    JISやIEC規格においてClass 1とClass 2が規定されています。NTi Audioの測定用マイクロホンはM4261とMiniSPLがClass 2、他はすべてClass 1です。
    精度の高い測定を求められる場合は、Class 1のマイクロホンを推奨いたします。
  • 残留ノイズ
    次に注目したいのが残留ノイズです。M4261は27 dB(A)、M2211は21 dB(A)です。最もノイズレベルが低いのがM2230の16 dB(A)です。静粛性(暗騒音、NC値)を評価する場合、M2211またはM2230を推奨いたします。

NTi Audioでは、特殊用途(防水・防滴、高音圧)に合わせたマイクロホンもご用意しております。

さらに詳しく知りたい!というお客様は仕様書をダウンロードできます。

NTi audio マイクロホン仕様書をダウンロード

Class 2
M4261測定用マイクロホン

Class 1
M2211測定用マイクロホン
M2230測定用マイクロホン

Class 1
M2010測定用マイクロホン
M2015測定用マイクロホン

XL2アナライザ に合わせてお使いいただくマイクロホン

* M2230にM2230-WP全天候型プロテクションキットを付けると、屋外用マイクロホンとして使用できます。

NTi AUDIO XL2 オーディオ&アコースティックアナライザ

FX100アナライザ に合わせてお使いいただくマイクロホン

NTi AUDIO FX100 オーディオアナライザ

ML1アナライザ に合わせてお使いいただくマイクロホン

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日