YAMAHA RIVAGE PMシリーズ ファームウェアV4.12をリリース

YAMAHAはデジタルミキシングシステム「RIVAGE PMシリーズ」最新ファームウェアV4.12をリリースいたしました。本バージョンから、8月発売予定のコントロールサーフェス『CS-R3』へも対応いたしました。新機能および改善点は以下になります。

今回リリースするソフトウェア

  • RIVAGE PMシリーズ ファームウェア V4.12
  • RIVAGE PM Editor V4.1.2 for Win
  • RIVAGE PM Editor V4.1.2 for Mac
  • Console File Converter V5.2.0
  • RIVAGE PMシリーズ ファームウェア V4.12
    • コントロールサーフェスCS-R3に対応しました。
    • 2台のDSPエンジン間でパラメーターの同期のみを行う「パラメーターミラー」モードに対応しました。→これにより、TWINLANeを使用しないDanteネットワークシステムなどでシンプルなDSPミラーリングを構築できます。
    • SURFACE SETTINGSのバンクをUSER DEFINEDキーから切り替えられるように対応しました。

    ※ その他軽微な不具合を修正しました。

  • RIVAGE PM Editor V4.1.2 for Win
  • RIVAGE PM Editor V4.1.2 for Mac
    • RIVAGE PM Firmware Version 4.12に対応しました。
  • Console File Converter V5.2.0
    • CS-R5、CS-R3およびV4.0.0以降のCS-R10およびCSD-R7で使用される拡張子”.RIVAGEPM”からのファイル変換に対応しました。→変換されたファイルの拡張子は”.PM10ALL”となります。
    • EQおよびDYMANICSのA/B切替に対応しました。

    ※ その他軽微な不具合を修正しました。

最新ファームウェアの詳細情報は以下のリンク先をご覧ください。

RIVAGE PMシリーズファームウェアダウンロードページYAMAHAサイトへ移動します

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日