TEAC コンパクトな筐体にハイパワーのHypex社製Ncoreモジュールを搭載パワーアンプ『AP-505』新発売

ステレオ、バイアンプ、BTL と多彩なモードにより様々なセッティングが可能なパワーアンプ。

『AP-505』は、コンパクトな筐体ながら、実用最大出力としてステレオ/バイアンプで130W+130W(4Ω)、BTL接続時には250W(8Ω)もの高出力を実現したステレオパワーアンプです。

パワーアンプ部には、オランダHypex社製 NcoreにTEACによる音質チューニングを施した専用設計のモジュールを採用。モードの切り替えにより、1台によるステレオ動作に加え、ウーハーとツイーターを独立駆動するバイアンプ接続や、ハイパワーのBTL接続など様々な環境に対応します。

アルミ材が強固なスチール製のシャシーを覆った贅沢な筐体に、オーディオ機器としての存在感を主張する大型のレベルメーターを搭載。また、オリジナル構造の3点支持方式ピンポイントフットが、音の輪郭を際立たせ、高分解能と音像定位の向上を実現しています。

品名:AP-505(パワーアンプ)
カラー:シルバー、ブラック
メーカー希望小売価格:オープンプライス
発売予定日:2019年6月中旬

ステレオ、バイアンプ、BTLの3つのモードで様々なセッティングが可能

主な特徴

  • 専用チューニングを施したHypex社製Ncoreパワーモジュール採用
  • 実用最大出力130W+130W(4Ω)、BTL接続で250W(8Ω)の高出力
  • ステレオモード、バイアンプモード、BTLモード切替式
  • 全段においてフルバランス設計を採用
  • 音質にこだわった回路設計と厳選されたオーディオ専用設計パーツ
  • 大容量トロイダルコア電源トランス、およびショットキーバリアダイオード採用の電源部
  • パワーアンプ保護回路(サージ、電圧、サーマル)
  • 設置が容易な3点支持ピンポイントフット採用(特許第4075477号、特許第3778108号)
  • 音楽の脈動を伝える大型2連指針式レベルメーター(4段階ディマー付、感度2段階切替式)
  • 静寂性を追求したファンレス設計
  • 制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップに設置できるA4サイズ
  • XLRバランス、およびRCAアンバランス・アナログ入力(各1系統)
  • スクリュー式大型スピーカー端子(1組)
  • オートパワーセーブ機能

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日