TEAC 「UD-505-X」USB DAC/ヘッドホンアンプを発売

UD-505-Xは、A4サイズのコンパクトな筐体に、長年培われてきた ティアックのオーディオ設計ノウハウと、ハイエンドオーディオの設計思想を凝縮させた デュアルモノーラルUSB DAC/フルバランス・ヘッドホンアンプです。

ステレオ信号をよりピュアな状態で処理するデュアルモノーラル構成で、 D/Aコンバーター部はESS Technology ES9038Q2Mを左右に1基ずつ搭載。 各々のDACをモノラルモードで使用することにより高S/N値を獲得し、 DSD 22.5MHz やPCM 768kHz/32bitのネイティブ再生も可能としました。音質の要とも言えるアナログ処理部には、従来の『TEAC-HCLD』をさらにブラッシュアップした『TEAC-HCLD2』を4回路搭載。バランス出力時にはフルバランス駆動、アンバランス出力時には4回路を使ったパラレル駆動により、更に音楽の表現力をアップしました。新たに採用したダイヤモンドバッファ回路によるヘッドホン出力は、 2基の6.3mm標準端子に加え、4.4mm 5極端子を採用し、 1本のプラグでバランス接続やアクティブ・グランド接続を可能としました。

ハイレゾ品質相当のワイヤレス再生が可能なLDAC™をはじめ、Qualcomm® aptX™ HDや AAC、SBCなど多彩なコーデックに対応したBluetooth®レシーバー機能も搭載。 スマートホンからのワイヤレス再生でも、ハイスペックDACによる高品位な音質を カジュアルにお楽しみいただけます。

UD-505-Xは、次世代のハイレゾ音源に対応した小型ハイスペックな USB DAC / ヘッドホンアンプです。

品名型名メーカー希望 小売価格発売予定日
USB DAC/ヘッドホン
アンプ
UD-505-X/B(ブラック)
UD-505-X/S(シルバー)
173,800円(税込)2021年9月18日

主な特長

  • DSD22.5MHz 、 PCM768kHz/32bit のハイサンプリングレート・ハイレゾ音源に対応
  • ESS Technology ES9038Q2M を左右に 1 基ずつ搭載したデュアルモノーラル構成
  • 高精度ボリューム『 TEAC QVCS 』を採用したフルバランス・アナログボリューム回路
  • 独自の電流伝送強化型出力バッファー回路『 TEAC HCLD2 』搭載
  • 新規にダイヤモンドバッファ回路を採用し、バランス駆動 アクティブ・グランド駆動にも対応した 4.4mm 5 極ヘッドホン端子「 Pentaconn 」を採用※ 1
  • 最大 DSD 24.5MHz 、 P CM 384kHz/32bit へのアップコンバート機能
  • 高音質コーデック LDAC ™、 Qualcomm® aptX ™ HD にも対応した Bluetooth® レシーバー機能

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日