YAMAHA PAお役立ち情報

今回は、Rシリーズのリカバリー手順についてご紹介します。

Rシリーズをアップデート中に誤って電源を落としてしまった…

Rシリーズのアップデートに失敗してしまっても、R Remoteがデバイスを認識していれば、何度でもやり直せます。

※ R Remote (V4.1 以降)からR Series (Rio3224-D,Rio1608-D,Ri8-D,Ro8-D,RSio64-D,RMio64-D,Rio3224-D2,Rio1608-D2)やTio1608-Dのファームウェアのアップデートには R Remote アプリケーションを使用します。
※ R Remoteがデバイスを認識しない場合は、弊社サービスセンターへご相談ください。
※ RUio16-Dは、R Remoteに対応しておりません。

ただしアップデート中にデバイスの電源が切れてしまった場合、デバイスが正常に起動できなくなることがあります。症状によって復帰方法は異なりますが、今回はR Remoteのデバイス情報エリアに機器が表示されなくなり、デバイスのインジケーターが赤点灯または点滅する症状が発生した場合の復帰方法についてご紹介します。

上記症状の場合、Rシリーズ本体のファームウェアが破損してしまっているためR Remote Recovery Updaterを使って、以下の手順で本体のファームウェアのアップデートが必要です。

RMio64-Dは、R Remote Recovery Updater に対応していませんのでご注意ください。


手順1. 対象デバイスの電源を切ります

手順2. (Rio3224-D2,Rio1608-D2以外は)デバイスのディップスイッチの設定をメモします。※手順5でディップスイッチの設定を変更します。アップデート完了後に元に戻しますので、変更前のディップスイッチの設定をメモしておいてください。

手順3. デバイスの Dante [PRIMARY]端子と[SECONDARY]端子から Ethernet ケーブルを外します。

手順4. デバイスのDante [PRIMARY]端子とコンピューターのEthernet端子をEthernetケーブルで直接接続します。

手順5. Rio3224-D2,Rio1608-D2は  (INC) ボタンとスイッチ付きエンコーダーを押したまま電源を入れます。上記デバイス以外はディップスイッチの 8 を下側(ON)に設定し、それ以外は上側 (OFF)に設定して、電源を入れるとデバイスがアップデートモードで起動し、以下の表示となります。

「Dante-MY16-AUD2」の設定

「Dante-MY16-AUD2」の「HA Remote」設定はDante Controllerから行います。
Device View内の「HA Remote」タブに設定箇所があります。

手順6. コンピューター本体のIPアドレスとサブネットマスクを以下の設定にします。

IP アドレス: 192.168.0.101
サブネットマスク: 255.255.255.0

手順7. R Remote Recovery Updaterを起動します。

手順8. [select]ボタンを押して、アップデートするファームウェア「xxxx_v*_**_rrmt.bin」を選択します。※ xxxx はデバイス名、*_**はファームウェアバージョンを表します。(例:ri8-d_v4_10_rrmt.bin)

手順9. [connect]ボタンを押します。
「Connect and Update」欄にデバイス名とファームウェアバージョンが表示されます。

手順10. [update]ボタンを押して、アップデートを開始します。
アップデート中は、「Updating firmware….」と表示されます。

手順11. アップデートが完了すると、「Connect and Update」欄に「Update was completed. Close this Update Program.」と表示されますのでR Remote Recovery Updaterを閉じます。

手順12. デバイスの電源を切ります。

手順13.  (Rio3224-D2,Rio1608-D2以外は)デバイスのディップスイッチの設定を戻します。

以上で終了です。


復帰できてよかった!

リカバリー手順に関する詳細は以下のリンク先をご確認ください。

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日