YAMAHA RIVAGE PMシリーズ及びRio3224-D2/Rio1608-D2の最新ファームウェアリリースのご案内

デジタルミキシングシステム「RIVAGE PMシリーズ」の最新ファームウェアV5.03及びI/Oラック「Rio3224-D/Rio1608-D2」の最新ファームウェアV1.82をリリースいたしました。

「RIVAGE PMシリーズ」と「Rio3224-D2/Rio1608-D2」の本バージョンでは、下記の不具合を修正いたしました。

今回リリースするファームウェア/ソフトウェア

  • RIVAGE PM firmware V5.03
  • RIVAGE PM Editor V5.0.3
  • MonitorMix V1.3.1
  • Rio3224/1608-D2 Firmware V1.82

RIVAGE PMファームウェアにて修正した不具合

  • RPio622, RPio222の起動時に、RY16-ML-SILKからの信号がまれにDSPエンジンに入力されないことがある問題を修正しました。
  • RIVAGE PMシステムのDSP-RX, DSP-RX-EX, DSP-R10, CSD-R7 V5.02において、MonitorMixと接続できない問題を修正しました。

※MonitorMix も必ずV1.3.1以降にアップデートの上でご使用ください。

  • OSCにおいて、get MIXER:Current/St/RoleでSTEREOバスBをSTEREOとして扱うかMONO/Cとして扱うかの設定値を問い合わせたときに、RIVAGE PMが誤った値を返していた不具合を修正しました。

Rio3224-D2/Rio1608-D2ファームウェアにて修正した不具合

  • コンソールの設定ファイルをロードしたとき、またはシステム起動時に、HA GAIN値が正しく反映されない不具合を修正しました。
  • RIVAGE PMと組み合わせて使用したときに、素早くHA GAINの調整をすると、稀に操作とは逆方向に戻るような挙動をする不具合を修正しました。

詳細は以下リンク先をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日