YAMAHA パワードモニタースピーカー「MS101-4」を発売

ヤマハ株式会社は、プロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、電子楽器のモニターに最適なコンパクトサイズのパワードモニタースピーカー 『MS101-4』を2022年2月下旬に発売します。

今回発売する『MS101-4』は、フロントパネルにマイク入力(コンボジャック)を搭載し、コンパクトなバスレフ型キャビネットに4インチのフルレンジスピーカーを採用した、電子楽器のモニターとして最適なパワードモニタースピーカーの新モデルです。バスレフポートを背面に配置したことや、軽量な素材を採用したことで、前モデル「MS101-3」からコンパクト化(筐体高さ21.4cm→19.6cm)および軽量化(質量2.5kg→2.1kg)しています。また、刷新したパワーアンプにより定格出力30W(前モデルは10W)、最大出力音圧レベル115dB SPLを実現しています。

さらに、フロントパネル下部に操作部とコンボジャックを配置し、シンプルかつ簡単な操作で従来の標準フォーンだけでなくXLR接続によるマイク入力にも対応しました。加えて、ACインレット式の電源ケーブルの採用で持ち運びしやすくなったほか、別売りのブラケットやマイクスタンドアダプターと組み合わせることで、天吊りや壁面設置、マイクスタンドへの設置が可能です。

概要

  • コンパクトながらサイズ感を大幅に上回る最大出力音圧レベル(115dB SPL)
  • 操作子と入力端子を全てフロントパネルに集約した、シンプルなオペレーション環境を提供
  • 軽量・堅牢なキャビネットとインレットタイプの電源コードを採用し、優れた可搬性を実現
品名品番価格発売時期
パワードモニタースピーカーMS101-4オープン2022年2月下旬

主な特長

  • コンパクトながらサイズ感を大幅に上回る最大出力音圧レベル(115dB SPL)
  • 操作子と入力端子を全てフロントパネルに集約した、シンプルなオペレーション環境を提供
  • 軽量・堅牢なキャビネットとインレットタイプの電源コードを採用し、優れた可搬性を実現
  • 別売りのオプション品と組み合わせることで、マイクスタンドや壁への設置にも対応

主な仕様

モデル名 MS101-4
形式 フルレンジ・バスレフ型パワードスピーカー
再生周波数帯域(-10dB) 77Hz ~ 20kHz
最大出力音圧レベル 115dB SPL(peak@1m、実測値)
寸法・質量 142(W)× 196(H)× 187(D)mm ・ 2.1kg
スピーカー部 ユニット 4インチコーン
アンプ部 定格出力 30W
入力感度・インピーダンス Line1:-10dB/10kΩ、Line2:+4.0dB/10kΩ
コントロール 1 × VOLUME、1 × LOW CONTROL、1 × HIGH CONTROL、POWER
コネクター 入力 Front] INPUT: Combo、
[Rear] INPUT LINE 1: Stereo Mini、INPUT LINE 2: Phone (TRS)
出力 1 × Phone (TRS)
パワーインジケーター 緑LED
電源電圧 ACインレット100V・50/60Hz
消費電力 Idle:3W、1/8出力:10W

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日