YAMAHA  I/Oラック「Rio3224-D2/Rio1608-D2」ファームウェアV1.81リリースのご案内

ラックマウント型CDプレーヤー「CD-S303RK」の最新ファームウェアVer.1.30をリリースいたしました。
I/Oラック「Rio3224-D2」「Rio1608-D2」の最新ファームウェアV1.81をリリースいたしました。
本バージョンでは、「Rio3224-D2」「Rio1608-D2」の部品変更による新ハードウェアに対応しました。

※新ハードウェアはシリアル番号ラベルの型番の横に”A”が刻印されています。

今回リリースするファームウェア/ソフトウェア

  • Rio3224/1608-D2 Firmware V1.81
  • R Remote V5.0.0 for Mac macOS 11(Intel/Apple silicon with Rosetta 2) 10.15-10.14
  • R Remote V5.0.0 for Win 10/8.1

ファームウェアの変更点

  • V1.80は部品変更に対応しました。

※部品変更による新ハードウェアはシリアル番号ラベルの型番の横に”A”が刻印されており、V1.80からそれ以前のバージョンへのダウングレードはできません。

ファームウェアの修正した不具合

  • CL/QL/RIVAGE PMにRio3224-D2とRio1608-D2両方がマウントされているシステムにおいて、Rio3224-D2とRio1608-D2を同時に電源投入すると、システム起動時、あるいはシーンリコール時に、まれにRio3224-D2のINPUT CH17からCH32のHAパラメータが、設定した値にかかわらず初期値になることがある不具合を修正しました。
  • 40日以上連続稼働した場合にディスプレイの表示が消灯し復帰しない不具合を修正しました。

R Remoteの新機能

  • macOS 11に対応しました。
  • Rosetta 2がインストールされたAppleシリコンに対応しました。

R Remoteの変更点

  • Rio3224-D2, Rio1608-D2の部品変更による新ハードウェアに対応しました。

詳細は以下リンク先をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日