YAMAHA RIVAGE PMシリーズの最新ファームウェアV5.01リリースのご案内

デジタルミキシングシステム「RIVAGE PMシリーズ」の最新ファームウェアV5.01がリリースされました。

V5.01では「既知の不具合」を含むいくつかの修正を行いました。

今回リリースするファームウェア/ソフトウェア

  • RIVAGE PM Firmware V5.01
  • RIVAGE PM Editor V5.0.1 for Mac macOS 11 (Intel/Apple silicon), 10.15-10.13
  • RIVAGE PM Editor V5.0.1 for Win 10/8.1

修正した不具合

  • Rupert Neve Designs Portico II Master Buss Processorプラグインを追加しました。
  • DSPミラーリングシステムにおける以下の3つの機能を追加し、より安全に運用いただけるようになりました。
    • 障害発生したときにワードクロックソースの消失を防ぐためRPioをワードクロックリーダーとする機能
    • RIVAGE PM V5.00において、チャンネルのON/OFF, INPUT A/B選択, Surround PANのON/OFFをアサインしているUser Defined Keyがシーンリコール後に一時的に操作できなくなったり、状態表示が食い違う場合がある不具合を修正しました。
  • RIVAGE PM V5.00において、インプット/アウトプットのチャンネルEQポップアップ画面を表示したままチャンネルを変更すると、BANK A/B表示が実際と異なることがあるという問題を修正しました。
  • RIVAGE PMシステムV5.00で、プラグインVSS4HD, NonLin2が正常に動作していなかった不具合を修正しました。
  • RIVAGE PMシステムV5.00で、L-ISA Immersive Sound controlが正常に動作していなかった不具合を修正しました。

変更点

  • Open Sound Control(OSC) のパラメーターを追加しました。

   1.Mix ChannelのCue A/B
    →OSCアドレス
     MIXER:Current/Cue/Mix/On
   2.MatrixチャンネルのChannel Link Group
    →OSCアドレス
     MIXER:Current/OutputChLink/Mtrx/Assign

   3. Input Channel, Mix, Matrix, Stereo Output Channelの Insert On
    →OSCアドレス
     MIXER:Current/InCh/Insert/On
     MIXER:Current/Mix/Insert/On
     MIXER:Current/Mtrx/Insert/On
     MIXER:Current/St/Insert/On

  • OSC のパラメーターを削除しました。

    →OSCアドレス
     MIXER:Current/Cue/FaderCueRelease

詳細は以下リンク先をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日