YAMAHA CL/QLシリーズファームウェア V5.51リリースのお知らせ

YAMAHAは、デジタルミキシングコンソールCL/QLシリーズの最新ファームウェア V5.51を2020年2月4日リリースいたしました。
このファームウェアでは以下の不具合を修正しております。

修正した不具合

  • MATRIXバスをステレオ設定後、該当のMATRIXバスのセレクテッドチャンネル画面を表示した状態でFROM MIXタブを切り替えたり、別のMATRIXバスに切り替えたりすると以下のエラーが表示される不具合を修正しました。
    [lcd_message] Code=3293
  • MIXバスをステレオ設定にしたときにMATRIXバスのセレクテッドチャンネルのFROM MIXタブからONスイッチ、センドレベルを操作すると、操作したMIXバスとは異なるMIXバスの値が変更されてしまう不具合を修正しました。

今回リリースするファームウェア

CLシリーズファームウェア V5.51
QLシリーズファームウェア V5.51
バージョン互換表

※今回のファームウェアのリリースに際しまして、CL StageMix、QL StageMix、CL Editor、QL Editorの更新はございません。

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日