TASCAM MD-CD1MKIII CDプレーヤー / MDレコーダー

『MD-CD1MKIII』は、2Uという省スペースを実現しながら、現場で必要とされる様々な機能を装備した業務用MD/CD複合機の定番 MD-CD1MKII の後継機です。
CDプレーヤーとMDレコーダーを独立して操作し同時に使用することができるほか、連続再生やCDからMDへの最大4倍速ダビングなど、コンボユニットであることのメリットを最大限に活かした運用が可能です。

CDプレーヤー/MDレコーダー共にオートキューやオートレディなど多彩な再生機能を装備

CDプレーヤー部はオーディオCDだけでなくWAVファイルやMP3ファイルの再生が可能。CD-R/CD-RWディスクにも対応しています。-50%~+16%のピッチコントロールはフロントパネルに装備の専用つまみで可変でき、直感的で確実な操作を実現しました。
MDレコーダー部はLP2、LP4ロングプレーモードをサポート。オートキューやオートレディなどの充実した再生機能は、CDプレーヤーとMDレコーダー双方に装備しています。

アンバランアナログ入出力に加え、COAXIAL、OPTICALのデジタル入出力にも対応

アンバランスアナログ入出力およびCOAXIAL、OPTICALデジタル入出力を装備。
ホールや店舗、放送局、テーマパーク、ミュージアム、イベント会場など様々な現場で活躍するほか、RS-232Cシリアルコントロールにも対応し遠隔制御が必要な現場への導入も可能です。

主な仕様

  • CDプレーヤーとMDレコーダーのコンビネーションモデル
  • CD/CD-R/CD-RWディスク対応CDプレーヤー
  • オーディオCDおよびWAVファイルやMP3ファイルが記録されたCDの再生が可能
  • SP(ステレオ)、MONO、LP2、LP4 対応MDレコーダー(1つのMDディスク内で異なるモードで録音/再生可能)
  • CDプレーヤーとMDレコーダーは独立して使用可能
  • プログラム再生の設定をCD、MD合わせてディスク最大100枚分保存可能(MP3ファイルおよびWAVファイルは2トラック分の保存領域を使用するため保存枚数が少なくなります)
  • RCAアンバランスアナログCD出力
  • COAXIALデジタルCD出力
  • OPTICALデジタルCD出力
  • RCAアンバランスアナログMD入出力
  • COAXIALデジタルMD入出力
  • オプティカルデジタルMD出力
  • 2Uラックマウントサイズ

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日