株式会社 楽器音響札幌

TASCAM DR-680MKII ポータブルマルチチャンネル レコーダー

DR-680MKII

『DR-680MKII』は、6チャンネルのマイク/ライン入力とデジタル入力を搭載し24ビット/96kHzの8トラック同時録音が可能な、ポータブルマルチチャンネルレコーダーです。

TASCAM独自の高音質「HDDA(High Definition Discrete Architecture)マイクプリアンプ」を搭載し、『DR-680MKII』では試聴評価を通してマイクプリアンプのオペアンプ、コンデンサーを更し音質向上を実現しました。

ドラマやドキュメンタリーの制作、フィールド録音、SE録音、ライブレコーディングなど、様々な現場で、サラウンド収録やマルチマイクによる高音質マルチチャンネルレコーディングが可能です。

メーカー モデル名 メーカー希望小売価格 発売 備考
TASCAM DR-680MKII オープンプライス 2015年2月下旬 ポータブルマルチチャンネル
レコーダー
WAV/BWF、192kHz、MP3マルチチャンネルまで対応した 6 IN/8TRフィールドレコーダー。

『DR-680MKII』は、6チャンネルのマイク/ライン入力とデジタル入力を搭載し24ビット/96kHzの8トラック同時録音が可能な、ポータブルマルチチャンネルレコーダーです。

TASCAM独自の高音質「HDDA(High Definition Discrete Architecture)マイクプリアンプ」を搭載し、『DR-680MKII』では試聴評価を通してマイクプリアンプのオペアンプ、コンデンサーを変更し音質向上を実現しました。ドラマやドキュメンタリーの制作、フィールド録音、SE録音、ライブレコーディングなど、様々な現場で、サラウンド収録やマルチマイクによる高音質マルチチャンネルレコーディングが可能です。

ファイルフォーマットは、リニアPCM WAVフォーマットや放送局で使用されるBWF(Broadcast Wave Format)のほか、MP3フォーマットにも対応し、複数のマイクをセッティングしての会議録音などMP3によるマルチチャンネルでの長時間録音が可能です。また、モニターミックス機能によりレベルとパンを設定したステレオモニターが可能。このモニターミックスを6トラックとは独立したステレオトラックに同時録音可能です。さらに、24ビット/192kHzの2トラック録音にも対応。ポータブルステレオマスターレコーダーとしての活用も可能です。加えて、インプット1,3,5に入力される音声に対して-12dBのバックアップ録音を行うことができるデュアル録音機能を新たに追加しました。

録音/再生メディアにはSDカード/SDHCカードに加え、最大128GBまでのSDXCカードにも対応しています。耐振動性、耐環境性に優れ、メンテナンスフリーを実現すると共に、軽量でコンパクトなボディが快適な録音環境を提供します。

主な特徴
  • 録音/再生メディアにSD/SDHC/SDXCカードを採用
  • 6バランスマイク/ライン入力(1-4:XLR/TRSコンボジャック、5-6:TRSジャック)
  • 6アンバランスライン出力(RCAピンジャック)
  • COAXIALデジタル入出力(S/PDIF、AES/EBU)
  • 録音/再生フォーマット:BWF、WAV、MP3
  • BWFフォーマットでは録音開始時刻をファイルに記録
  • 24ビット/96kHzの8トラック録音が可能(BWF、WAV)
  • 6マイク/ライン入力とステレオミックス録音もしくは6マイク/ライン入力とデジタルステレオ入力録音
  • 96k/128k/192k/320k bpsのMP3フォーマットで録音が可能
  • MP3フォーマットの4トラック録音が可能
  • 4マイク/ライン入力録音(XLR/TRSコンボジャック) もしくは2マイク/ライン入力 TRSデジタルステレオ入力録音
  • 24ビット/192kHzの2トラック録音が可能(BWF、WAV)
  • 2マイク/ライン入力録音もしくはデジタルステレオ入力録音
  • デジタル入出力は、96kHz時ダブルスピード、192kHz時クワッドスピードに対応
  • サンプリング周波数:44.1k/48k/96k/192k Hz(BWF、WAV)、44.1k/48k Hz(MP3)
  • 量子化ビット数:16/24ビット(BWF、WAV)
  • 48Vファントム電源対応の6チャンネル高音質HDDAマイクプリアンプを搭載
  • 各マイク/ライン入力にリミッターおよびローカットフィルターを搭載(40/80/120Hz)
  • 2ミックスモニターミキサー搭載
  • 録音開始操作2秒前からの音を録音できるプリレック機能
  • 入力信号のレベルに応じて録音を自動的に開始/一時停止するオートレック機能(-48/-24/-12/-6 dB)
  • 複数のトラックに入力をしていても、1回の録音を1テイクとして、1つのファイルで管理が可能
  • 録音を継続したまま、任意の位置でファイルを更新できるトラックインクリメント
  • 最大1,000テイク、最大5,000ファイルの記録が可能
  • 特定の位置への移動に役立つマーク機能(最大99ポイント/1テイク)
  • ホイール操作で再生位置の移動が可能
  • リピート再生機能
  • 誤操作を防止するパネルロック機能
  • 複数の『DR-680MKII』のトランスポートをマスター機でコントロールするカスケード機能
  • ファイル名の形式をユーザーワードまたは日付に設定可能
  • USB 2.0によりファイルをパソコンへ高速転送可能
  • 128×64ドットのバックライト付ドットマトリクスタイプLCD
  • 出力500mWのモノラルスピーカーを内蔵
  • ヘッドホン出力(50mW + 50mW/32Ω時)
  • 単3形電池8本または付属のACアダプターで駆動
  • USBケーブル、ショルダーベルト付属
  • 卓上での使用に便利な折りたたみスタンド
  • 専用キャリングケース CS-DR680 別売
Tagged on: