株式会社 楽器音響札幌

Marantz Professional 「AVS」ビデオストリーマーを発売

オールインワン型ビデオストリーミングシステム

Marantz Professional AVS – AVストリーマーをご紹介します。本製品はハイパフォーマンスなビデオ収録/配信を可能にするユニークで簡単に操作および設置が可能なものとなっています。空間的にも設置面積的にも美しく小さく設計されたAVSは、価値に焦点を当てたMarantz Professionalのコア技術の結晶です。H.264ビデオ圧縮を内蔵したフルHDウェブカメラ、高品質の48kHz / 16ビットUSBコンデンサー・バウンダリー・マイク、LEDリングライト照明(バランス昼光、クールとウォームのフィルターアクセサリー付き)を搭載した、毎回自然な撮影ができる究極のソリューションとなりました。ストリーミング、放送、ポッドキャスティング、ヴィログ(ビデオブログ)、Skype、ゲーム配信などに最適な撮影機器をお探しの場合、Marantz ProfessionalのAVSの他に同様の製品は見当たらないでしょう。

発売日 2018年11月21日
価格 オープンプライス
市場想定価格 24,800円(税込)

AVストリーマー「AVS」

  • オールインワン型ビデオストリーミングシステム
  • H.264ビデオ圧縮フルHDウェブカメラ内蔵
  • 高品質USBコンデンサーバウンダリーマイク内蔵(48kHz / 16-bit)
  • 調光可能なLEDリングライト/昼光バランス照明
    (クール/ウォーム/ディフューズ(拡散)フィルター付き)
  • 高速かつ低レイテンシーUSB-C出力
  • USBハブ内蔵
  • ヘッドフォンアンプ

必要なものは全部そろっています

配信が最重要事項だという点に立ち返り、Marantz Professional AVSはすべてのポッドキャスター、ゲーマーあるいはライブ配信者のみなさんにハイクオリティな機能を提供し、プロレベルの撮影を簡単かつ手軽に行なえるよう作られています。AVSはデスクトップでの使用にも理想的ですが、ポータブルなのでロケに持っていくのにも適しています。ストリーミング/ポッドキャスティング/ゲーム用の配信に必要なものをすべて搭載しており追加機器は必要のない本当の意味でのオールインワン型であるAVSは、低レイテンシーを実現するハイスピードUSB-C出力および外部機器を接続するUSBハブも内蔵しています。さらにオーディオモニター用にオンボードのヘッドフォンアンプも搭載しています。

HDカメラ内蔵

AVSは優れた解像度と最適なライティングを保証します。本製品はオートフォーカス・フルHDビデオ(最高1920×1080ピクセル)カメラと内蔵H264圧縮を統合し、Windows7、Windows8、Windows10、Mac OS(FaceTimeなどのビデオ電話クライアントではHD 720p)に対応しています。そして4インチ径の内蔵LEDリングライト照明、調光(ディム)機能、付属のクール/ウォーム/ディフューズ(拡散)フィルター(プラスチック製・クリップオン式)によってプロ仕様のパーフェクトなライティングが毎回簡単に行えます!

スタジオグレードの収録

流線型でスリムなボディに搭載されたスタジオクオリティのマイクのおかげでオーディオのレコーディングも楽になります。14mm径のエレクトレットカプセル、-44dB ± 3dBの感度((0dB = 1V/Pa at 1kHz)、最大SPL100dB、周波数特性150Hz~15kHzというデザインのコンデンサーマイクにより、重要な表現はすべて微妙なニュアンスまで48kHz/16bitの解像度で収録できます。レベルおよびバランスコントロールを装備したヘッドフォン出力がプリアンプに統合されているため使い勝手も最高です。マイク信号をレコーディング/ストリーミング最中にダイレクトにモニターすることも可能で、コンピューター経由のモニタリングのレイテンシーを気にすることがありません。

シンプルを極めた操作性

AVSのタワー型ボディは人間工学的な使いやすさのために細心の注意を払って設計されており、ストリーム配信者やポッドキャスターがシステムを扱うために必要な主なコントロールをすべて搭載しています。本体にはLEDライトのディマー(調光)、ヘッドフォン出力端子、ヘッドフォンボリューム、マイクミュート・ボタン、カメラのオン/オフスイッチが装備されています。背面にはPC/Macとのハイスピード/低レイテンシー接続を実現するUSB-C端子および12VDCまたは周辺機器接続用のUSB3.0端子×2が備え付けられています。場所を取らずユーザーフレンドリーな設計により直感的に扱うことができるAVSがあれば、妥協のないハイクオリティな動画配信が可能となります。

Tagged on: