株式会社 楽器音響札幌

DENON DJ SC5000M Prime プロフェッショナルDJメディア・プレーヤーを発売


DENON DJはSC5000M Prime プロフェッショナルDJメディア・プレーヤーを発売しました。

SC5000 Primeは、メディア・プレーヤーのインターフェースとハードウェアに基づいて設計され、 その技術の高さを評価され、数々のTec賞を受賞しました。この度新たにDenon DJのPrime シリーズに加わるSC5000M Primeは、Motorized(モータードライブ)の「M」がついた新たに回転する電動プラッターが搭載されます。SC5000M Primeは、DJパフォーマンスに情熱とクリエイティビティを取り戻す先進のDJメディア・プレーヤーです。

発売予定

発売予定 2018年11月23日
出荷日 2018年11月21日
価格 オープンプライス
市場想定価格 ¥198,000(税込)

主な特徴

  • 本物の7インチヴァイナル付き回転式電動プラッター
  • スリップやスクラッチができるテンション設定
  • 2つの可変トルク設定(低/高)
  • 人間工学に基づいたプラッターデザイン
  • 7インチ高解像度マルチタッチディスプレイ
  • 24bit/96kHzデジタルオーディオ出力
  • 別々の出力端子を備えたデュアルレイヤー再生機能
  • 非圧縮フォーマット(FLAC、ALAC、WAV)対応
  • キュー、ループ、スライス、ロールなどに使用可能なマルチファンクションの8つのトリガーパッド
  • 好きな色に設定可能なプラッター・ライト
  • 音楽再生用USBx3、SD入力x1
  • 最大4台のプレーヤーとリンク接続可能なLAN出力端子
  • Engine Prime音楽管理ソフトウェア付属

革新的なDJメディア・プレーヤー
ダイキャスト・アルミプラッターは、ブラシレスDC電動モーターで回転し、超高解像度(1回転あたり3600ティック)を誇っているので、高品質な音を楽しむことができます。 さらに、スリップ/スクラッチ・コントロール用の調節可能なバイナル・テンションが搭載され、さらに躍動的な音楽をプレイすることが可能になりました。

見て、触って、プレイする
SC5000M Primeは、SC5000 Primeと同様の7インチのマルチタッチ、マルチジェスチャーのHDタッチパネルを備えているので、従来の感覚をそのままに、簡単に使用することができます。トラックの検索、読み込み、検索、ライブラリのナビゲーションは、指を動かすだけで手軽に操作が可能です。同時に、DJパフォーマンスの各種パラメータ、高解像度波形、ビート・グリッド情報も確認することができます。

音楽コレクションをPrime化
SC5000M Primeは、内部に音楽ファイルを管理・解析するEngine Primeソフトウエアを搭載し、SC5000M Prime本体だけで高い精度のトラック解析が可能です。これらの解析により、Rekordboxのプレイリスト、トラック、ホットキュー、ループなど、多彩でクリエイティブなプレイが可能になります。Denon DJの無料のEngine Prime音楽管理ソフトを使用することで、iTunes、Serato DJ Pro、Native Instruments Traktorの情報を同期して共有することもできます。プレイリストを同期したり、ホットキューを設定したり、情報を簡単に繰り返すことができます。

マルチレイヤーと卓上した音響コントロール
SC5000M Primeのパフォーマンス・テクノロジーは、1台のプレーヤーに2デッキ分のパワーを集約しています。それぞれの出力チャンネル間で、ビート、インストゥルメント、アカペラをミックス&マッチさせ、コンピュータを使わずにレイヤー間または別のプレーヤーに2倍の機能を持たせることができます。SC5000M PrimeはSC5000 Primeが受賞した様々な技術も同様に備わっています。クラストップのタイム・ストレッチ解析は超高速動作でコントロール、キーロック、極端なテンポ・チェンジを可能にします。もちろん8つのトリガーパッドによるホットキュー・ジャグリングやトラックのリミックス、ロープ、ロール、スライサーも搭載しています

Tagged on: