YAMAHA SWP2/SWRの最新ファームウェアV5.0をリリース

YAMAHAはL2スイッチ「SWP2シリーズ」「SWRシリーズ」の最新ファームウェアをリリースしました。
今回のファームウェアでは、Alias IPアドレスに対応するなど、多くの新機能を追加しました。

今回リリースするファームウェア

  • SWP2 Firmware V2.03.13
  • SWR2311P Firmware V2.02.22
  • SWR2310 Firmware V2.04.09

新機能

  • Alias IPアドレスに対応しました。この対応に伴い、Web GUIの詳細設定の[VLAN]-[VLAN作成]で、以下の対応を行いました。
    • 1つのVLANに対して、IPv4セカンダリーアドレスを最大4つまで設定できるようにしました。
    • 1つのVLANに対して、IPv6グローバルアドレスを最大5つまで設定できるようにしました。
    • IPv4アドレスにラベルを設定できるようにしました。
    • IPv4アドレスをDHCPで取得する場合に、ホスト名を設定できるようにしました。
  • スケジュール機能に対応しました。
  • Webコンソールに対応しました。
  • Web GUIの詳細設定に以下機能の設定ページを追加しました。
    • ポート認証
    • スパニングツリー
  • Web GUIのダッシュボードのインターフェースガジェットで、スパニングツリーによるポートのブロック状態を表示するようにしました。※ただし、CISTの該当ポートのみを表示します。
  • <SWR2310/SWR2311Pのみ>スタック構成時にLACPリンクアグリゲーションを使用できるようにしました。
  • <SWR2310/SWR2311Pのみ>Web GUIの管理にバックアップ/リストアのページを追加しました。

詳細は以下リンク先をご覧ください。

※YAMAHAのサイトに移動します。

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日