Roland M-5000C ミキシング・コンソール

圧倒的な高音質と、革新的なフレキシビリティにより、ライブミキシング・コンソールの常識を覆した「O・H・R・C・A」。「M-5000C」は、その優れた機能、操作性をそのまま、コンパクトサイズに凝縮。「O・H・R・C・A 」の可能性をさらに多くの現場で活かせるコンパクト・コンソールです。

メーカー モデル名 内容 発売時期
Roland M-5000C ミキシングコンソール 2015年9月

「O・H・R・C・A」のフルスペックをそのままに、コンパクト化を実現。

M-5000Cは、コンパクトボディながら、M-5000と同じ機能を搭載しています。高音質を支える96kHzのサンプリング・レートをはじめ、72bitのサミング・バスや、一から見直したアナログディスクリート回路、電源二重化への対応、さらには本体のアナログ入出力16in/8outに加え、REACをはじめ、Dante、MADI、SoundGrid、SDI、SFP、DVIへの対応を可能にしたエキスパンションインターフェイスも2枚搭載可能など、「O・H・R・C・A」の革新的な基本性能をそのままにコンパクト化を実現。中継をはじめとするさまざまな現場で、高度な機能性を発揮します。

3バンク20フェーダー、288出力(96kHz時)、幅740mmのコンパクトサイズ「O・H・R・C・A」。

740mm(幅)×725mm(奥行き)×346mm(高さ)という機動性に優れたサイズに、スクロール/アイソレート自在の16フェーダー+アサイナブル4フェーダーを装備したM-5000C。128chの入出力を自由にアサインできる内部構成に加え、チャンネル・ストリップとは別に、最大300入力/288出力(96kHz時。48kHz時は460入力/448出力)のセットアップが可能という充実のスペックを実現しました。

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日