audio-technica ATND971 ネットワークオーディオバウンダリーマイクロホン

「ATND971」は、世界初*のDante(TM)ネットワークオーディオマイクロホンです(*2014年6月現在、オーディオテクニカ調べ)。Dante(TM)プロトコルとイーサネットコネクタ(RJ45)を介して オーディオと制御データを同時に、ネットワーク上で送受信をすることができます。

長年トランスデューサーの世界で、確固たる地位を確立してきた当社が高音質でクリアなサウンドを提供します。

メーカー モデル名 希望小売価格 内容
audio-technica ATND971 ¥70,000.(税抜) ネットワークオーディオ
バウンダリーマイクロホン

ネットワーク伝送するデジタルオーディオ信号
Dante(TM)プロトコルとイーサネットコネクタ(RJ45)を介して オーディオと制御データを同時に、ネットワーク上で送受信をすることができます。
*Audinate社のDante(TM)はイーサネットを用いた標準IP、インターネットプロトコルで構成された高性能かつ低レイテンシーの デジタルメディアネットワーク技術です。

Dante(TM)プロトコルによるシステムソリューション
Audinate社が開発したDante(TM)は、これからのスタンダードとして世界中の音響業界で注目されているネットワークオーディオプロトコルです。目的や用途に応じた他の機器との連動やシステムソリューションを可能にします。

  • デジタル音声処理により高いダイナミックレンジと広帯域フラット再生が可能なクリアサウンドを実現
  • データの制御をするため、標準のインターネットプロトコルを使用
  • 最大512チャンネルの同時使用が可能

世界中で認められたオーディオテクニカの高音質サウンド
長年トランスデューサーの世界で、確固たる地位を確立してきた当社が高音質でクリアなサウンドを提供します。

  • 大規模から小規模まで、さまざまなミーティングルームでの利用に最適
  • 携帯電話や電波に対するRFノイズ対策
  • タッチノイズのないアクティブトークスイッチを採用した自照式トークスイッチ
  • 高感度特性を有する「ダブル・ウェーブ・ダイアフラム(PAT.)」を採用
  • あらゆる周波数帯においても安定した指向性能を実現し、耐久性も抜群
  • トークスイッチ動作やゲインなどを設定調整するボトムスイッチを装備(ローカルモード)
  • マイクのゲイン設定やローカットON/OFFなどの外部制御が可能(リモートモード)

テクニカルデータ

  • 型式:バックエレクトレットコンデンサー型
  • 指向特性:半球前方指向性
  • 周波数特性:30~20,000Hz
  • ローカット:80Hz 、18dB/oct
  • デジタル音声データ:24bit / 48kHzサンプリング
  • レイテンシー:2.0msec/5.0msec(※Dante Controllerで設定)
  • 出力端子:RJ-45
  • 電源:PoE IEEE802.3af IEEE802.3at
  • ネットワークインターフェース:100Mビットイーサネットオートネゴシエーション機能、Auto MDI / MDI-X機能対応
  • ケーブル要件:Cat5e以上 最大100m(※STPケーブル推奨)
  • 消費電力:1.5W
  • 使用温度範囲:0~40℃(湿度80%以内)
  • 仕上げ:黒つや消し焼付塗装
  • 質量:約400g

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日