Lab.gruppen Dシリーズ Lakeバージョン

Dシリーズは、世界の最も過酷なツアー現場で実証済みのPLMシリーズのコアテクノロジーをベースに、スタジアムやアリーナ、テーマパーク、アートセンター、レースコースといった大規模商業施設アプリケーション向けにリファインしたパワーアンプ。PLMシリーズの卓越したパワーと音響パフォーマンスに加え、柔軟な出力パワー・コンフィギュレーションを実現する最新アウトプット・ステージ・テクノロジー「RPM™(ラショナル・パワー・マネージメント)」をフィーチャーし、大型固定設備アプリケーションに特化した広範なハードウェア/ソフトウェア仕様を搭載しています。

DシリーズはBiamp Systems社のAVBネットワークに対応する「Tesira」バージョン*と、Danteネットワークに対応する「Lake」バージョンの2ヴァリアント・ラインナップで構成され、最新のデジタルネットワークに対して究極のパワーアンプ・ソリューションを提供します。

*Tesiraバージョンのお取り扱いに関しては、Biamp Systems社の国内輸入代理店までお問い合わせください。

主な特徴

  • 4 ch仕様、パワー別3モデルを用意
    – D 200:4L – 20,000 Wの合計出力パワー
    – D 120:4L – 12,000 Wの合計出力パワー
    – D 80:4L – 8,000 Wの合計出力パワー
  • RPM™ラショナル・パワーマネージメント搭載
    – 4 chそれぞれに独立したパワー出力が設定可能
    – 1 chに対して最大5,000 Wの出力をアサイン可能
  • パフォーマンスや負荷状況などをリアルタイムで監視できるモニタリング・システム内蔵
  • 固定設備アプリケーションに最適化されたユニバーサル・パワーサプライ搭載
    – R.SMPS™レギュレーテッド・スイッチモード・パワーサプライ:本線電源の電流変動の影響を最小限に抑え、安定したパフォーマンスを提供
    – PFCパワーファクターコレクション機能:電圧と電流の位相差を小さくし、業界トップクラスの力率補正を実現
    – CDM™電流引き込みモデリング機能:本線ピーク引き込みを軽減
    – BEL™ブレイカー・エミュレーション・リミッター機能:電流消費量を最適にコントロールし、不意なアンプの電源落ちを防止
    – UVL™低電圧リミッター機能:シビアな電圧低下においても安定したオペレーションを実現
  • CAFEソフトウェア対応:迅速なプロジェクト・プランニングとシステム・コンフィギュレーションをサポート
  • Lakeプロセッシング・モジュール完全搭載
    – クラシック、リニアフェーズ、及びFIRフィルター
    – Raised Cosine™ MESA EQ™非対称フィルターによるグループ・コントロール
    – LimiterMax™ピーク&RMSリミッター
  • インプット・フレキシビリティーとリダンダンシー
    – 4 x Iso-Float付きアナログ入力
    – 4 x デジタルAES3入力
    – 8 chデュアル・リダンダントDanteネットワーク入力
  • 広範なラウドスピーカー・プリセット・データベース「Load Library」標準付属
  • Lake Controllerソフトウェアによるワイヤレス・タブレット・コントロール

お気軽にお問い合わせください

業務用音響設備・機材全般のご相談・お問合せは弊社まで

株式会社 楽器音響札幌
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条5丁目3-23
TEL:011-823-5851
定休日:土曜日、日曜日及び祝祭日