株式会社 楽器音響札幌

TEAC UD-505 USB DAC/ヘッドホンアンプ 受注開始のご案内

TEACより「UD-505」USB DAC/ヘッドホンアンプが発売になりました。UD-505はA4サイズのコンパクトな筐体に、長年培われてきたティアックのオーディオ設計ノウハウと、ハイエンド・オーディオの設計思想を凝縮させたデュアルモノーラルUSB DAC / フルバランス・ヘッドホンアンプです。

前身となるモデルUD-501やUD-503と同様、ステレオ信号をよりピュアな状態で処理するデュアルモノーラル構成とし、 D/Aコンバーター部は旭化成エレクトロニクス社のフラッグシップモデル「VERITA AK4497」を左右に1基ずつ搭載。 各々のDACをモノラルモードで使用することにより高S/N値を獲得し、DSD 22.5MHz やPCM 768kHz/32bitの ネイティブ再生も可能としたハイスペック機にアップグレードしました。音質の要とも言えるアナログ処理部には 電流伝送強化型バッファーアンプ『TEAC-HCLD回路』を4回路搭載。バランス出力時にはフルバランス駆動、アンバランス出力時には 4回路を使ったパラレル駆動により、更に音楽の表現力をアップしました。 ヘッドホン端子は2基の6.3mm標準端子に加え、今回新たに4.4mm 5極端子を採用し、1本のプラグでバランス接続や アクティブ・グランド接続を可能としました。

モデル名 メーカー希望小売価格 発売予定日 備考
UD-505 オープンプライス 2018年1 月27 日 USB DAC/ヘッドホンアンプ
カラー:シルバー(S)、ブラック(B)

 

ハイレゾ品質相当のワイヤレス再生が可能なLDAC™をはじめ、Qualcomm® aptX™ HDやAAC, SBCなど多彩なコーデックに対応した Bluetooth®レシーバー機能も新たに搭載。スマートホンやDAP(Digital Audio Player)からのワイヤレス再生も、 ハイスペックDACによる高品位な音質をカジュアルにお楽しみいただけます。

UD-505は、次世代のハイレゾ音源に対応した小型ハイスペックなUSB DAC / ヘッドホンアンプです。

主な特徴

  • DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bitのハイサンプリングレート・ハイレゾ音源に対応USB-DAC機能
  • 旭化成エレクトロニクス製D/Aコンバーター AKM VERITA 『AK4497』を左右に1基ずつ搭載
  • 44.1kHz系/48kHz系専用のデュアルクロック搭載
  • 5種類のPCMデジタルフィルター、2種類のDSDフィルター
  • 最大DSD 24.5MHz、PCM 384kHz/32bitへのアップコンバート機能
  • 10MHz外部クロック入力に対応
  • LDAC™、Qualcomm® aptX™ HD、aptX™、AAC、SBCコーデック対応Bluetooth®レシーバー機能
  • 独自の電流伝送強化型出力バッファー回路『TEAC-HCLD回路』
  • デュアルモノーラル設計
  • 左右専用トロイダルコア電源トランス
  • デジタル部とアナログ部を分離するデジタルアイソレーター
  • 『TEAC-QVCS』クアッドボリュームコントロール回路
  • 『TEAC-HCLD』電流強化型バッファーアンプ
  • バランス、アンバランス、アクティブ・グランド駆動対応 デュアル6.3mm標準ヘッドホン端子
  • バランス、アクティブ・グランド駆動対応4.4mm 5極ヘッドホン端子「Pentaconn」(※1)
  • ディマー付きフルドットOLEDディスプレー
  • 簡単に確実なピンポイント接地が可能なティアックオリジナルピンポイントフット(※2)
  • 4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」(※3)
  • DSD 22.5MHz、PCM 768kHz/32bit対応ハイレゾ音楽再生ソフト「TEAC HR Audio Player」無償提供 (Windows、Macintoshに対応)
  • RoHS対応

Tagged on: