株式会社 楽器音響札幌

TEAC UD-503 デュアルモノーラルUSB DAC

TEAC UD-503

『UD-503』は、フルバランス/パラレルアンバランス駆動回路搭載のDSD11.2MHz対応 デュアルモノーラルUSB DAC/ヘッドホンアンプです。

メーカー モデル名 メーカー希望小売価格 発売 備考
TEAC UD-503-S オープンプライス 2015年6月下旬 デュアルモノーラルUSB DAC/
フルバランス・ヘッドホンアンプ
TEAC UD-503-B オープンプライス 2015年6月下旬

 

UD-503 はA4 サイズのコンパクトな筐体に、60 年以上にわたって培われてきたティアックのオーディオ設計ノウハウと、ハイエンド・オーディオの設計思想を凝縮させたデュアルモノーラルUSB DAC/フルバランス・ヘッドホンアンプです。

ハイエンド・オーディオ由来の設計コンセプト「デュアルモノーラル構成」をUD-501 と同じく採用し、DAC チップに最新の旭化成エレクトロニクス製DAC VERITA AK4490 を2 基搭載することで先進のDSD11.2MHz、384kHz/32bit フォーマットのネイティブ再生に対応。さらに、 オーディオの要ともいえるアナログ出力回路には、新たに電流伝送強化型バッファーアンプ『TEAC-HCLD』回路を4 回路搭載し、XLR バランス出力時にはフルバランスで、RCA アンバランス出力時にはパラレル・アンバランスで駆動。クラスを超えた表現力をもつDAC 部を実現しました。

ヘッドホンアンプは、アンプ部をラインアンプと共有するディスクリート構成。フロントパネルにTRS フォンジャックを2 基搭載し、フルバランス/パラレル・アンバランス駆動ヘッドホンアンプとしても高次元の駆動力を有します。また、256 ステップで設定可能な高精度ボリューム『TEAC-QVCS』とリモコンにより高品位なプリアンプとしてもお使いいただけます。

機能一覧
  • DSD 11.2MHz、およびPCM 384kHz/32bit対応のUSB DAC
  • 電源部からデジタル部、アナログ部までデュアルモノーラル回路によって構成
  • 旭化成エレクトロニクス社製ハイエンドDAC VERITA AK4490を左右各チャンネルに1基ずつ配置
  • 左右各チャンネル専用の大容量トロイダルコア電源トランスを2基搭載
  • デジタル部とアナログ部を電気的に完全分離したアイソレーション回路
  • ラインアンプに電流伝送強化型出力バッファー回路『TEAC HCLD』バッファーアンプを4回路搭載
  • Fluency関数を使用したプログラマブルIC (FPGA) により最大DSD12.2MHz、PCM 384kHz/32bitへのアップコンバート
  • 2種類のDSDデジタルフィルターと、4種類のPCMデジタルフィルター、およびOFFモード
  • 10MHzの外部クロック入力対応 (USBアシンクロナス転送時に有効)
  • 44.1kHz系信号専用と48kHz系信号専用の2基の高精度内蔵クロック (USBアシンクロナス転送時に有効)
  • RCAアナログ・アンバランス入力を1系統装備
  • XLRアナログ・バランス出力、およびRCAアナログ・アンバランス出力各1系統
  • (ともにライン出力レベルを固定/+6dB固定/可変出力に設定可能)
  • XLR端子の極性を選択可能 (2番HOT/3番HOT)
  • 高精度ボリューム回路『TEAC-QVCS』
  • 視認性の高い大型のデジタルボリューム表示と様々な機能をワンボタンで操作可能なリモコン
  • 入力信号の種類や各種設定を表示するOELDディスプレー (3段階ディマー機能および消灯機能付き)
  • 最大出力700mW+700mW、ディスクリート構成によるフルバランス駆動ヘッドホンアンプ
  • ヘッドホンアンプ部には通常のアンバランス駆動に加え、バランス駆動、アクティブ・グラウンド駆動の3種類の駆動方式を切替可能
  • リア側にUSB x1系統、同軸デジタル x1系統、光デジタル x1系統のデジタル入力
  • ポータブル機からのデジタル入力に便利なフロント側に同軸ミニ/光ミニ兼用のデジタル入力端子を搭載
  • 時代にマッチした低消費電力設計、およびオートパワーセーブ機能
  • 制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップに設置できるA4サイズ
  • ティアック独自のベース一体型ピンポイント3点支持フット
  • RoHS対応
Tagged on: