株式会社 楽器音響札幌

TEAC 「MZ-372」 INSTALLATION MIXER 様々な入力ソースを1台で集中管理可能な業務用ミキサー

『MZ-372』は、様々な入力ソースが必要となる設備音響に最適なミキサーです。6系統のマイク/モノラルライン入力と12系統のステレオライン入力が接続可能。アナウンス用途に便利な独立したマイク入力も装備。XLRバランス端子とRCAアンバランス端子から選択できるメイン出力を2系統装備。店舗や施設などの、多数のマイクや再生機器を管理する複雑な音響システムに1台で柔軟に対応します。

6系統のマイク/モノラルライン入力と12系統のステレオライン入力を1台で集中管理

6系統の入力チャンネルは、それぞれにマイク/モノラルライン入力と2つのステレオライン入力を接続できます。最大で6系統のマイク/モノラルライン入力と12系統のステレオライン入力を1台で集中管理することができます。また、PHONO入力にも対応していますので、一般的なCD/メディアプレーヤーに加えて、レコードプレーヤーも接続可能です。

※各チャンネルの入力ソースはフロントパネルのボタン操作で選択可能です。

操作性に優れた入力チャンネル構成

各チャンネルには、レベルメーターとスライドフェーダーを装備し、視認性、操作性に優れた構成となっています。また、入力ソースの選択は簡単なボタン操作で、煩わしい配線のつなぎ替えは必要ありません。そのほか、それぞれのチャンネルの入力ソースのゲイン調整、3バンドイコライジング、プリフェーダーモニタリングも可能です。

アナウンス用途に最適なマイク入力

フロントパネルには入力チャンネルから独立したマイク入力を1系統装備。マイク音声入力時に、BGMの音量を自動的に減衰させる『TALKOVER』機能を使用することで、マイクの音声を聴きとりやすくすることができ、店舗や施設でのアナウンス用途に最適です。 また、2バンドイコライザーでの音質調整も可能です。

2系統のメイン出力を装備

XLRバランス端子とRCAアンバランス端子から選択できるメイン出力を2系統装備。視認性に優れたステレオレベルメーターを採用し、簡単に音量バランスの確認が可能です。加えて、RCAアンバランス端子のサブ出力や、モニタースピーカー用出力も装備しています。

※系統のメイン出力からは同一の音声が出力されます。


機能一覧

  • 6系統のマイク/モノラルライン入力と12系統のステレオライン入力が接続可能。
  • レベルメーター、スライドフェーダー、3バンドイコライザーを装備した6系統の入力チャンネル。
  • 各チャンネルには3つの入力ソースが接続可能。入力ソース選択はフロントパネルのボタン操作。
  • フロントパネルにはアナウンス用途に最適なマイク入力を装備。
  • メインマイク入力音声と各チャンネルの入力音声をミックスして出力可能。BGMをマイク音量にあわせて自動的に減衰させるTALKOVER機能を搭載。
  • ステレオレベルメーターを搭載した2系統のメイン出力は、個別に音声出力レベル設定が可能。
  • ※2系統の出力からは同一の音声が出力されます。
  • サブ出力としてRCAアンバランス端子を装備
  • モニタースピーカー用出力としてアンバランス端子を装備
  • チャンネルごとのプリフェーダーモニタリングや、メイン出力のモニタリングが可能なヘッドホン出力
  • 3Uラックマウントサイズ

Tagged on: