株式会社 楽器音響札幌

TC Electronic DB6 AES(AES対応ラウドネス・マネージメント・プロセッサー)

DB6_AES

DB6はワンステップでラウドネス値の計測、音声フォーマット調整、自動ラウドネス&トゥルーピーク・レベル調整、ロギングなど、最新の放送規格に準じた包括的なラウドネス・マネージメント・ソリューションを提供します。

製品名 希望小売価格 国内出荷開始日
DB6 AES Unbalanced 850,000円(税別) 2015年2月2日(月)
DB6 AES Balanced 850,000円(税別) 2015年2月2日(月)

 

DB6はオーディオの品質を犠牲にすることなく、放送規格や規制に準拠した音声ラウドネス管理を行うことができます。

DB6は最大3ストリームのSD/HD/3Gシグナルを1Uのラックスペースで扱うことができ、音声ラウドネスの測定、フォーマットの変換、ラウドネス・コントロールとトゥルーピーク・レベルの管理、ラウドネスのロギングを同時に行うことができます。

DB6はDB2、DB4、DB8といったDBファミリーの新製品です。DBプロセッサーは世界中の数多くの放送局で日夜稼働しており、全機種共通のユーザー・インターフェイスで使用することが可能です。

世界の放送規格に対する高い適合性

TC Electronicでは、ラウドネス関連の技術や情報の提供を行い、それらの多くが規準に統合され、多くの国におけるラウドネス放送規格の策定に関与しております。

世界中でTVのラウドネス規格の導入が進んでいる一方で、全ての国が同じ基準を採用しているわけではなく、またそれら全てが進化しているわけでもありません。TC Electronic社では、本分野における先駆者として「Loudness Authority」をスローガンに掲げ、その役割と責任を真摯に受け止め、今後も国の方針や、各放送規格の優劣に関わらず、常に最新の放送規準に適合していく体制で研究開発を進めて行くことをお約束します。

ITU BS.1770, EBU R128, ATSC A/85, TR-B32, OP-59

Tagged on: