株式会社 楽器音響札幌

TASCAM SS-R250N ソリッドステートステレオオーディオレコーダー

TASCAM SS-R250N

『SS-R250N』は、多彩な機能と豊富な端子を備えた設備用途/業務用途に最適なSDカードレコーダー/プレーヤーです。FTPクライアント機能を搭載し、サーバーと連携した音源データのやり取りが可能な他、SNTPベースで管理される正確な時刻をもとに自動で録音や再生などの動作を行うことが可能です。iOS/Android端末にインストールされた専用アプリケーションからのリモートコントロールや、マイク入力端子を搭載。様々な用途にフレキシブルに対応可能な1台です。

モデル名 メーカー希望小売価格 発売 備考
SS-R250N 100,000円(税抜) 2017年3月中旬 ソリッドステート
ステレオオーディオレコーダー
TASCAM SS-R250N

※SS-R250Nリアパネル(IF-DA2装着時)

主な特徴

  • FTPクライアント/サーバー機能を搭載。録音・再生ファイルのサーバーとのやり取り(アップロード・ダウンロード)が可能
  • イベントリスト機能を搭載。録音・再生・ダウンロードなどの動作を、設定した時刻をもとに自動で行うことが可能
  • SNTPクライアント機能による時刻管理で、より正確なイベント管理が可能
  • 録音データを自動的にアップロードするオートアップロード機能を搭載
  • iOS/Androidコントロールアプリ:トランスポート、各種設定のリモートコントロールが可能
  • SDカード(SDXC対応/最大128GB)、USBフラッシュメモリ、CD(『SS-CDR250N』のみ)に対応
  • デュアルスロットでSDカードのミラー録音、リレー録音が可能
  • 突然の電源断でも収録中のデータ消失を回避する自動ファイルクローズ処理
  • 2台を同時に操作可能なリンク再生機能
  • XLR、RCAアナログ入出力、AES/EBU、S/PDIF デジタル入出力搭載
  • マイク入力に対応、ファントム電源供給も可能
  • RS-232Cシリアル、D-sub15pinパラレル端子搭載
  • 2chのDante入出力に対応するインターフェースカード『IF-DA2』(別売オプション)が装着可能
  • ポン出しコントロールユニット RC-SS150(別売)に対応
  • 後継機種として、SS-R200/SS-CDR200に搭載されている多彩な再生機能、録音機能を引き継ぎ搭載

機能一覧

ネットワーク機能/制御機能

  • FTPクライアント/サーバー機能を搭載。録音・再生ファイルのサーバーとのやり取り(アップロード・ダウンロード)が可能
  • イベントリスト機能を搭載。録音・再生・ダウンロードなどの動作を、設定した時刻をもとに自動で行うことが可能
  • SNTPクライアント機能による時刻管理で、より正確なイベント管理が可能
  • 録音データを自動的にアップロードするオートアップロード機能を搭載
  • iOS/Androidデバイス用コントロールアプリ:Wi-Fi接続でトランスポート、各種設定のリモートコントロールが可能
  • 2chのDante入出力に対応するインターフェースカード IF-DA2(別売)が装着可能
  • シリアルコントロール、パラレルコントロール端子搭載
  • カラーLCD画面付きポン出しリモコンRC-SS150(別売)でポン出しシステムが構築可能
  • 別売のRC-900、RC-SS20、RC-3F、 RC-20の接続が可能

録音機能

  • 最高96kHz/24bitのハイレゾファイルの録音再生に対応
  • デュアルスロットでSDカードのミラー録音、リレー録音が可能
  • 自動マーク機能:レベルオーバー時、設定した時間ごと、アンロック時、エラー発生時など
  • 録り逃しを防止するプリレック機能
  • 自動でトラック分割が可能なオートトラック機能
  • リミッター、コンプレッサー搭載
  • 自動で入力レベルを調整して録音するオートレベルコントロール機能
  • 電源投入と同時に録音を開始するパワーオンレック機能
  • ファントム電源供給も可能なマイク入力端子搭載
  • 録音待機状態を経ずに録音を開始できるダイレクト録音機能

再生機能

  • 最後に再生を開始した位置にロケートするコール機能
  • プログラム、ランダム、シングルなどの再生モード搭載
  • 選択入力ソースを同時出力する際に再生音量を調整するダッキング機能
  • オールリピート、A-Bリピート機能
  • 次のトラックの先頭にトランスポートするインクリメンタルプレー機能
  • モノラルミックス再生機能
  • トラックの音の始まりを検知して待機するオートキュー機能
  • 再生終了後に自動で次のトラックの先頭位置で待機するオートレディ機能
  • 再生速度やキーの調整が可能なピッチコントロール、キーコントロール機能
  • 任意の位置にマーク設定が可能
  • 再生しているトラックの終了前にタリーを出力できるEOM(End of message)機能

その他

  • 入力・出力ともにサンプリングレートコンバーター搭載
  • 2台を同時に操作可能なリンク再生機能
  • 突然の電源断でも収録中のデータ消失を回避する自動ファイルクローズ処理
  • ユーザープリセット:入出力、サンプリングレートや他機能のOn/Offなど、任意の設定を3つまでプリセットで保存可能
  • 日本語表示対応
  • 1Uラックマウントサイズ

Tagged on: