株式会社 楽器音響札幌

[生産完了]TASCAM CC-222MKIV 業務用CDレコーダー/カセットデッキ

TASCAM CC-222mkIV

生産完了

カセットテープをワンボタンでCD-Rに録音、デジタル保存。フォノ入力も装備した業務用CDレコーダー/カセットデッキ。

『CC-222MKIV』は、TASCAM CC-222SLMKIIの後継機となる業務用CDレコーダー/カセットデッキです。様々な業務用音響の現場でご活用いただいているCDレコーダー/カセットデッキのCD部をトレイタイプのドライブを採用しました。

CDとカセット間での相互ダビングを手軽に行えるだけでなく、CD/カセットの独立操作、独立入出力が可能です。また、フォノ入力にも対応していますので、レコードからカセットまたはCD-R/RWにも録音が可能です。 アナログライン入出力、フォノ入力に加え、COAXIAL、OPTICALのデジタル入出力にも対応しており、様々な音響現場での録音・再生に柔軟な対応ができるコンビネーションレコーダーです。

特にCDレコーダー部の特長として、音質を左右するAD/DA変換には、旭化成エレクトロニクス製AK4528VMを採用。ドライブは高耐久、高信頼性を誇る自社製オーディオ専用ドライブを搭載。 自社開発ならではの細かな対応が可能となるドライブは、専用に設計されたファームウェアにより、録音中のトラック更新において、パソコン用ドライブでは不可能な曲間なしの連続録音を実現しています。

『CC-222MKIV』は、業務用音響の現場において長きに渡りご活用頂ける業務用CDレコーダー/カセットデッキです。

主な特徴
  • CD/カセットの独立操作、独立入出力が可能
  • CDとカセット間での相互ダビングや同時録音が可能
  • フォノ入力を装備し、アナログレコードプレーヤーを接続することでレコードをカセットまたはCD-R/RWに録音可能
  • 外部のアナログおよびデジタル機器を接続し、録音可能
  • 再生機としても活用できる多彩な再生機能
  • 3U、EIAラックマウントサイズ、RoHS対応製品
カセットデッキ部 主な特徴
  • AD/DAに旭化成エレクトロニクス製AK4528VMを採用
  • 様々な要求に応える多彩なトラック更新機能
  • 録音中のトラック更新時に曲間のない連続録音が可能
  • 高い信頼性を提供するトレイタイプの自社製CDドライブ
  • 音飛びを回避するショックプルーフメモリーを搭載
CDレコーダー部 主な特徴
  • オートリバース録音/再生メカを搭載
旧機種(CC-222SLMKII)からの変更点
  • Dolby B非対応
  • 外観の変更
  • トレイドライブへの変更
Tagged on: