株式会社 楽器音響札幌

NTi Audio 業務用放送設備の音響性能評価

NTi Audio

業務用放送設備の音響性能評価

600600p1493EDNmain234NTi-Audio-Verification-of-Voice-Evacuation-System-1

業務用放送設備は火災などの緊急事態発生時に、人々への警報および避難誘導を行う重要な設備です。そのため、設置した際の性能試験と定期的な検査が非常に重要です。NTi AudioのTalkBox音響信号発振器とXL2サウンドレベルメータは、暗騒音を含めた現実的な音声伝送性能評価が可能です。

実際の性能評価と検査では、アナウンスレベルと共に暗騒音を反映させた音声明瞭度測定および報告が要求されます。(ただし国や地域により異なります。)NTi Audioの提供するXL2サウンドレベルメータとTalkBoxは、こうしたニーズに最適の測定器セットです。TalkBoxのリファレンス音源は、アナウンス用マイクロホンへ規格に準拠した音声明瞭度テスト信号を出力します。そしてハンドヘルド型のXL2を実際の現場に持込み、全てのエリアで測定と結果の保存を実施します。国際規格に準拠したNTi Audioの測定器を使用することで、アナウンス放送の明瞭性を常のベストな状態に維持管理することができます。

さらに進歩した音声明瞭度測定
暗騒音の存在はアナウンス放送の明瞭度に大きく影響します。しかし、例えば開業前のショッピングセンターなどでは、実際の暗騒音を測定することは不可能です。このような場合には、想定される周囲騒音を70から80 dBAの広帯域単一値として規定することができます。XL2サウンドレベルメータは、この広帯域騒音レベルを本体内に直接設定できます。そして、XL2に表示された値にはこの周囲騒音が反映されており、必要に応じて音声明瞭度の測定、調整を繰り返すことで素早い設備の最適化が可能になります。測定時間に制限のある業務用放送設備においては、こうした素早い作業手順が非常に大切です。

広範囲なドキュメンテーション
NNTi Audioでは、Excelフォーマットによる多言語対応のレポート作成ツールを無償で提供しています。アナウンス信号のレベル、周波数分析、および音声明瞭度STIPAを測定ポイント毎にまとめることができます。
アメリカではNational Fire Alarm Code NFPA 72、イギリスではBS 5839-8規格により非常用放送設備の技術基準が定められています。音声明瞭度測定はIEC 60268-16規格により規定されています。NTi Audioの測定器は、サウンドレベルと音声明瞭度測定について、これらに関連する全ての規格をカバーしています。
全てのユーザーの方々のXL2が、オプションの音声明瞭度測定機能を拡張できます。拡張された音声明瞭度測定機能は、ファームウェアバージョンV3.03または以上で提供されます。ファームウェアはMy NTi Audioへのユーザー登録により、無償でダウンロードできます。

more

 

機械音と振動を同時測定

600600p1493EDNmain221Flexus-FX100-Analyzer-for-Vibration-Noise-Measurement

機械、設備、自動車などの品質管理や長時間モニタリングを実施する場合、音と振動をそれぞれ同時に測定する必要があります。FX100オーディオアナライザはこのような測定アプリケーションに対応、素早く容易なセットアップを可能とする理想のプラットフォームを提供します。

FX100オーディオアナライザはモジュール方式を採用し、最大4チャンネルの同時測定が可能です。FLEXUS FX100は、それぞれのチャンネルにICPなど様々なタイプの電源を装備し、マイクロホンや振動センサーを直接接続できます。

システムセットアップ
付属のFX-Control PCソフトウェアは、FX100に接続されたセンサーへの電源供給や感度設定などをビジュアル化します。また、「ドラッグ&ドロップ」操作により測定したい測定項目を自由に選択、表示画面を簡単にカスタマイズできます。

結果と分析
マイクロホンや振動センサーによる測定値は、「dBSPL」や「m/s2」など、希望する単位に設定できます。広帯域や狭帯域レベルと同時に周波数を表示できます。これらの測定値はFFTやRTAで表すこともできます。さらにPure Soundテクノロジーにより過渡的なエネルギー変化を検出できます。これにより被試験機から機械的な欠陥で発生する微小な異常音や振動を検査でき、品質管理の枠組みに導入できます。
測定結果は、FX-Controlソフトウェアの広範囲な数値演算ライブラリー機能で処理できます。測定値や演算値は基準値と比較して合否判定できます。これにより被試験機を様々な角度から分析できます。

データ保存とレポート作成
FX-Controlソフトウェアで取得した測定値と計算値は、様々なフォーマットで保存することができます。さらに自動的にレポートを出力する機能も備えています。
FX100オーディオアナライザと付属のFX-Control ソフトウェアは、最新のパワフルでフレキシブルな測定システムを構築できます。機械音と振動を同時に測定する際に最適です。

more

 

FX100導入とトレーニング実施例

600600p1493EDNmainNPE Training Web

NPE Industry社(本社所在地:タイ)は、東南アジア有数のプロオーディオ機器メーカーです。タイの首都バンコク近郊に本社を構え、タイ国内だけではなく世界中へ同社製品を販売しています。NTi Audioは、長年にわたりNPE Industry社とのパートナーシップを築いてきました。この度、旧式となったA2測定システムと入れ替えでFX100オーディオアナライザを導入していただきました。

FLEXUS FX100オーディオアナライザは、最先端の測定テクノロジーを採用し、高速で高精度な測定が可能です。また、モジュールオプションをFX100本体に組み込むことにより、様々な種類のオーディオ機器を測定できます。NPE Industry社では、アンプ、ドライバー、スピーカーキャビネット、マイクロホンなどを製品化しており、FX100は研究開発、品質管理、生産にわたる全ての製品段階に導入されます。

NTi AudioとタイのNTi Audio代理店Caltron社は、新しいテストシステムの導入に際し、円滑かつ効率的な運用を実現させるため、NPE社で4日間にわたるトレーニングを実施いたしました。NPE社からは様々な部署より約15名の参加があり、参加された方々はFX100とPCソフトウェアによる製品別測定アプリケーションを学びました。そして、それぞれの部署において正確な測定が実施できるよう、測定項目ごとに実践的な講義を受けていただきました。

NPE社のR&Dマネージャー Norrakit Tangtantranon氏は、トレーニング後の感想を次のように述べています:「FX100は測定作業を効率化する一方、我々の定める非常に高い品質基準を満たしています。今回、広範囲にわたるトレーニングを実施していただいたことで、弊社のエンジニアは新しいシステムの能力を存分に活かすことができます。」

またNTi Audioのプロダクトマネージャー Gregor Schmidleは、トレーニングの終わりに次のように締めくくりました。:「トレーニング用の設備は完璧に整えられ、参加していただいた方々のモチベーションの高さと熱意を感じました。皆様とご一緒できたことを嬉しく思います。」

more
Tagged on: