株式会社 楽器音響札幌

NTi AUDIO FX100による1/1、1/3オクターブ分析

NTi AUDIO FX100

1/1と1/3オクターブバンド分析は、リアルタイム・スペクトラム・アナライザ(RTA)で広く使われています。一方、オーディオアナライザでは、通常、高解像度FFTでスペクトラムを分析しますが、1/1と1/3オクターブバンド分析を必要とするオーディオ測定アプリケーションもあります。こうしたニーズに対応するため、NTi AudioはFX100オーディオアナライザのFFT測定から1/1および1/3オクターブバンドレベルを算出する機能を追加しました。

FX100で取得した1/1と1/3オクターブバンドレベルは、例えば以下のアプリケーションで応用できます。

  • ヘッドホンやイヤホン(DIN50332)の音圧レベルを評価
  • 自動車産業や建築音響での遮音特性
  • 電化製品や設備の騒音測定

測定原理と算出方法について
リアルタイム・スペクトラム解析(RTA)では、マイクロホンからの測定信号がバンドパスフィルタに連続的に送られます。それぞれの1/1または1/3オクターブバンドにはフィルタが装備されています。フィルタ出力は連続的に時間平均され、1/1または1/3オクターブバンドで表示されます。

FFTでは、測定信号を正確に設定した時間で取得し、周波数ドメインに変換します。

FFT測定から1/1および1/3オクターブバンドレベルを算出するには、フィルタリングしたFFT信号を合計します。フィルタ仕様は、IEC61260規格のClass 0を満たすものとします。

FFT測定に必要な信号の安定化
FFTは連続的な測定ではありません。従って、1/1および1/3オクターブバンドレベルに変換するには、測定信号のダイナミックレンジを変えずに安定したスペクトラムを生成しなければなりません。テスト信号には、一般的にピンクノイズが使われます。また、電化製品や機械(例えばモーターや車のエンジン)から発生する騒音も適しています。

FX Controlによる1/1および1/3オクターブバンド分析
FX Control V2.8.0ソフトウェアに含まれているデモ用プロジェクトファイルにより、1/1と1/3オクターブバンド分析をテストできます。このサンプルでは先ずFFTを測定し、高解像度データをファイルに書き込みます。そして、このFFTデータから1/1と1/3オクターブレベルが算出されます。算出されたデータは、プレゼンテーション用にFX Controlソフトウェアにインポートするだけでなく、さらに進んで別の計算する際にも使用します。また、A重み付け特性のフィルタを挿入して評価することもできます。一連の手順は全て自動化されています。

more
Tagged on: