株式会社 楽器音響札幌

BOSCH EVID C8.2HC およびBosch LC2-PC60G6-8H に関するお知らせ

bosch_ev_dynacord_logo

いつもBOSCH製品をご利用いただき誠にありがとうございます。

最近、一部の Electro-Voice および Bosch シーリング スピーカーにおきましてプラスチック製バッフルの経年劣化によりスピーカーと取り付けポイントの構造上の完全性を損なう可能性のある問題が発見されました。この劣化が進みますと、ヒビの入ってしまったプラスチックの破片が落下する可能性があります。 プラスチック製バッフルの劣化の徴候は、それが現れるまで数年かかることもあり、一定しておりません。

今回該当いたしますシーリング スピーカー モデルは、2002 年から 2014 年 10 月より前に製造された Electro-Voice EVID C8.2HC および Bosch LC2-PC60G6-8H シーリング スピーカーとなります。その他の Electro-Voiceおよび Bosch シーリング スピーカー モデルと 2014 年 10 月より後に製造された当該モデルのスピーカーは、今回の対象とはなりません。

BOSCHでは 2014 年 10 月以前に製造された当該モデルのスピーカーを、現在の状態とは関係なく予防的にも交換することをお願いしております。誠に恐縮ではございますが、下記問合せ先(電話番号・メールアドレス)までご連絡いただけます様お願い致します。 またご使用のスピーカーが対象品かどうか不明の場合も下記の連絡先にご相談ください。

BOSCHスピ-カ-をご愛用のお客様には大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

対象製品 Electro-Voice EVID C8.2HC および Bosch LC2-PC60G6-8H
製造期間 2002 年から2014 年10 月より前に製造されたもの
対応方法 下記手順に従い、交換用製品を無償でご提供致します。
受付窓口 03-5485-4434 (BOSCH アフターセール スサービス部門)
メールアドレス RMAhelp.desk@jp.bosch.com
(平日 9:30~17:00 土・日・祝日・年末年始を除く)

手順 1

BOSCH アフター セールス サービス部門 (03-5485-4434 または RMAhelp.desk@jp.bosch.com) までご連絡ください。設置に関して以下情報をお尋ねした後、RMA番号を発行し、交換用スピーカーの配送を手配いたします。

  • 最初に設置が行われた日付。
  • スピーカーの設置場所とは配送先施設の名前、住所、電話番号。
  • 設置されているスピーカーの数と設置箇所の数。

手順 2

交換用スピーカーを無償で提供するほか、所定の金額(交換に要した実費ではなく、当社所定の金額となりますのでご注意ください)を交換取り付け費用としてお支払いします。所定の交換取り付け費用は交換用スピーカーの設置完了が確認された時点で、以下情報をご用意いただき、弊社指定の専用Webサイトより、 スピーカーの交換数等に基づいて算出された金額を申請いただきます。

なお、お支払いは直接、貴社の口座にご入金、もしくは売掛金と相殺させていただきます。
専用Webサイト: http://ceilingspeakeraction.com/ja-jp/register

必要な情報:

  • 御社の情報: 御社名、住所、電話番号、メールアドレス
  • 設置場所の住所
  • RMA番号: 手順1にてご連絡したRMA番号。
  • 振込先銀行情報:口座番号IBAN、銀行名、銀行住所
  • 製品のシリアル番号

交換取り付け費用について

スピーカー交換についてはスピーカー交換1台ごとに50ユーロをお支払い致します。
なお、お支払いは振込みの為替レートが適用され日本円にて直接、貴社の口座にご入金、もしくは売掛金と相殺させていただきます。(振込み手数料等のご負担はございません。)

シリアル番号の確認方法

下記の場所にシリアル番号が印刷されており、XXXX-X-XXXX(4 桁-1 桁-4 桁)で表示されています。
evid_sirial

スピーカーを取り外す際の注意:

スピーカーを交換する際は、グリルを外すときにスピーカーやプラスチック製バッフル部品が落下する可能性がありますのでご注意ください。怪我や物的損傷を防ぐため、適切な措置を講じてください。また、交換用スピーカーを設置する際は、付属の設置マニュアルに記載された適切な手順を遵守することが重要です。

Tagged on: ,