株式会社 楽器音響札幌

プロオーディオ・業務用音響業務への取組

sound_business

提案の業務

どんな場面でもこの「提案」が必要です。単なるパーツの単独注文であったとしても「それは本当に的確なのか」を常に精査して、よりよい音環境を構築する。それを確実にするための第1歩が「提案」です。

その提案をもとに、お客様の自己実現が完結する。私どもが最もうれしい瞬間でもあります。

販売の業務

豊富な知識と経験でセレクトした一流メーカーの製品をお客様に卸し、販売いたします。価格競争にはない楽器音響独自の付加価値を製品とともにお届け申し上げます。

「販売」に伴う業務は多岐に渡っています。カタログ等をご覧いただき、ご検討願います。その上でお客様のご要望とご予算に応じた最良の着地点を見積もらせていただき、ご注文にお答えします。

納期を厳守し、仕入れ→流通→点検確認→納品となります。万が一の破損、流通事故などの不備の事態にも迅速に対応し、お客様の信頼にお応えして参ります。

運用の業務

お客様の業務において、納めさせていただいた製品がしっかりと稼動しているかどうか。また、効果的な運用がなされているかどうか等をプロの目線でしっかりと捕らえます。

音響製品は「それひとつで完結する」ことがほとんどありません。無数の周辺機器がそれぞれの役割を全うしなければ良い音は得られないのです。
ですから私たちの経験に基づく目と耳が効果的な運用を実現する上で欠かせません。

設計・施工の業務

一般家庭電化製品とは違い、プロオーディオ、PA機器は専門知識に基づいた設計、施工が欠かせません。「祭事向け可動型音響システム」と「コンサートホールPAシステム」とでは、同じ音響システムでもまったく異なる設計施工が要求されます。

私たち楽器音響は建物の躯体設計段階から密に関わり、安心確実なシステム運用を提供してまいります。

保守の業務

音響製品は基本的に「機械」です。使用度合いによって、または経年変化によって、最悪の場合は「壊れ」ます。

  • 「壊れないための所作」
  • 「壊さないための操作」
  • 「壊れた場合の対処」
  • 「直した以後の対応」

どれか1点が欠けてもお客様の安心は得られません。確実な保守点検、修理。これも楽器音響の強力な機能です。

広報の業務

プロフェッショナルサウンドのために開発される製品は日々進歩しています。その商品、機能、音、これらをお客様にご紹介させていただくのも重要な仕事です。

楽器音響では様々な機会を利用して各種セミナーやイベントを開催し、皆様に「音」の魅力を広く知っていただけるような活動を続けています。そしてメーカー~エンドユーザーにいたる皆様との交流を通して強固なネットワークを構築してまいります。